旅行代理店の資格

旅行代理店で働く資格

旅行代理店を営業するにあたって

旅行代理店を営業するにあたっては、各営業所ごとに最低でも一人は旅行業務取扱管理者を置かなければなりません。具体的な仕事としては、以下のような事があります。お客様からの苦情対応。広告の管理。プランの作成の管理。重要書類の保管。などがあります。資格が必要な仕事としては、国土交通大臣や都道府県知事へ登録や新制をするときには、取り扱える業務範囲に応じて、資格を持った人でないとできません。業務のやりがいとしては、旅を総合的にプロデュースし、お客様に旅の感動と喜びを提供できる点が、一番のやりがいがある点です。

代理店では他社商品も予約が可能

ショッピングセンターや駅前にある旅行代理店では、数多くある旅行の空き照会から予約や切符の購入ができます。しかし、その代理店には他社の商品が販売され、予約が可能だということは意外と知らない人も多いです。店内に並ぶパンフレットには、右上に催行会社のマークが入っていたり、裏面に社名が入っています。他社商品だとは知らずにツアーを予約し、後日受け取る書面に記載された社名が違っていて違和感を覚えたことがある人も少なくはないかもしれません。お店が他社と契約をしていれば、余所でもらったパンフレットのツアー等も最寄りの店舗で予約を行うことが可能です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 旅行は代理店かネットどちら All rights reserved